表皮にかなり自信が持てないからです

2016y11m28d_164658015
可憐の設定は、表皮がキレイなことだと思います。
テレビをつければ表皮をキレイに見せつけるコスメの広報を毎日のように目にします。
但し自分は、このような広報を確かめるたびに落ち込んでいました。

その理由は、表皮にかなり自信が持てないからです。
本当は中学の位から面皰表皮で、面皰が完全にゼロになったお天道様は数える程しかありません。
大きな面皰やちっちゃな面皰など、いつもどこかしらに面皰ができている状態です。
そうして面皰は昨今手続き形で顔にでき続けているのです。

中学の位は頬にしばしば面皰ができていました。

思春期でしたのでやはり周囲が気になり、あんまりひどいと潰してしまったり、女房のコスメをヒソヒソ使って押し隠すこともありましたね。
但しこれらの実行は、面皰を却って悪化させる引き金となってしまいました。

ハイスクールになると、面皰ができるだけでなく跡にまで残ってしまうようになったのです。
しかも周りの仲良しは一切毛孔なんて無くすべすべ表皮だというのに、私だけ頬の毛孔が開いて目立っていました。
そうして面皰跡もガンガン増えてしまって、メイク無しではスタートができないようになってしまったのです。

勿論面皰を治すために皮膚科にも行きましたが、効果はほとんどありません。
抗生剤ですら効かないのですから、とっくに何とも無いです。
女房からは20年齢を過ぎれば徐々に落ち着く、そんなふうに聞かされていたため、その言葉だけを信じて頑張っていました。

ですが20年齢を過ぎても、面皰は相当直しません。
そうして頬からアゴにところを移動して、むくみたような面皰がたくさんできるようになってしまったのです。

今でも美容皮膚科に行くなどしておっきいコスメを買ったりピーリングをしたりしているのですが、いまひとつ素晴らしくはなっていません。

表皮がキレイだったら、シャレオツもメイクも好きなようにできて、一生をひときわ楽しめただろうなと思います。アレルギーや喘息に効果の高い薬のアドエアはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です